高齢の不妊は現代の課題です。

不妊は、高齢になると、妊娠確率が減少します。近年、女性が社会進出が進むため、女性が結婚をする年齢が高くなる傾向にあるため、結婚をする年齢が高くなるということから、妊娠する年齢も高くなるということから傾向があります。また、女性が働くことにより、なかなか、妊娠すると仕事に支障があると考えて妊娠を先伸ばしになることや、社会に出ることにより、社会的なストレスにより、なかなか妊娠しないということがかさなり、結果として、なかなか、妊娠することができなくなり、妊娠をしたいと考えたときには、年齢が高いことや働きながら、妊娠を考えることにより、社会的なストレスや年齢が高いということにより、なかなか妊娠しないということがあります。
近年では、そういった人のための治療が進んでいますが、医療を受ける場合には、高額な治療費を支払わなければなりません。また、保険により、三割負担ですが、それでも、自己負担が高い傾向にあります。そのため、お金の支払いができないことにより、妊娠を諦めなくてはならないという場合もあります。
そんな、高齢の不妊には、国からの助成があります。県により、助成が若干、異なりますが、おおよそは同じです。また、助成を受けることができるのは、法律上、婚姻している夫婦のみで、指定医療機関で特定の治療を受ける場合により、適応されます。ですが、誰でも妊娠をしにくいということでは、助成を受けることができず、体外受精及び、顕微授精以外の治療法では妊娠をする見込みがないことや極めて少ないという事を医師からの診断を受けた場合に限られます。また、夫と妻の合計の所得額が730万円未満でなければなりません。そのため、受けることができるのには、制限があります。また、一年間に助成を受けることができる回数にも規定があり、年間で二回までとなります。また、五年間で10回を越えると助成の対象にはなりません。また、年齢にも 制限があります。女性の年齢が高くなると妊娠確率が下がります。そのため、年齢制限があります。制限をするのは、42歳までは、助成を受けることができます。そのため、助成を受けることができる回数にも制限があり
ます。
このようにして、国からの助成がありますが、43歳になると急激に妊娠することができる確率が低くなることから、不妊治療を行うのであれば、早めに行わなくては、産むことができないということもあるため、妊娠を考えるのであれば、早めに行動にうつしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>